鰻(うなぎ)の肝焼き(タレ)

お酒を召し上がられるのなら、好きな方が多いのではないでしょうか?

鰻の肝。

110430_1854_01.jpg

まず、苦玉を水の中で、潰します。

包丁の刃先で刺すといいです。

水の中で潰すのは、衣服に付いたり、最悪だと目に入る危険性があります。

目に入りますと、とんでもない痛みに襲われますので、水の中で行ってください。

串に刺して両面を焼きます。

鍋に蒲焼きのタレを入れて煮絡めます。

蒲焼きのタレの作り方ですが、↓を参考にして下さい。

【関連記事:蒲焼きタレ レシピ

焼き網、鍋はよく洗って油気を取り除いたものを使います。

そうしないと、鰻の肝に味が含まれていきません。

甘辛にちょっとほろ苦さがあって、左党には、たまらないおつまみです。

辛口の燗酒に合うでしょうね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。