鱧の肝と浮袋の時雨煮

鱧は、捨てるところがないくらい重宝します。

中でも美味しいのが、肝と浮袋。

110510_1440_01.jpg


鱧は、買ってきたら、早めに内臓を取り出します。

サッと湯通し、または熱湯を回し掛けて、霜降りして冷水に落とします。

煮汁の割合
  • 水+酒・・・4+1

  • 濃口醤油・・・1

  • みりん・・・1



  • 煮汁で炊いていきます。

    臭い消しと香り付けに千切りの生姜を加えます。

    濃厚な肝の味と、浮袋のプリプリ感が絶品な一品です。

    辛口の熱燗、麦焼酎のロックなんかと合いますね。
    タグ: 浮袋
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。