稚鮎(ちあゆ)の釜揚げ

鮎漁も解禁になり、太公望には嬉しい季節になりました。

大きい鮎(あゆ)の塩焼きも美味しいのですが、今回は、琵琶湖で水揚げされる10センチ足らずのもの。

滋賀県では、佃煮にしたり、天ぷらにしたりします。

【関連記事:鮎の佃煮 レシピ

何か、酒の肴っぽいものを・・・ということで、今回釜揚げにしてみました。

110429_1900_01.jpg


鍋にお湯を沸かし、塩と酒少量を加え、鮎(あゆ)を投入します。

火をゆるめ、煮た立てないよう5分くらい煮て、ザルにあげ、そのまま冷まします(おか揚げ)。

土佐酢や生姜醤油でいただきます。
【関連記事:土佐酢:作り方 レシピ
少々、クセがありますのでからし酢味噌もお勧めです。

からし酢味噌は、白玉味噌に、ねりからしと酢を適量加えます。

【関連記事:白玉味噌:作り方 レシピ

キリっと冷やした、端麗辛口な吟醸酒が合いそうですね。
タグ: 釜揚げ

鰻(うなぎ)の肝焼き(タレ)

お酒を召し上がられるのなら、好きな方が多いのではないでしょうか?

鰻の肝。

110430_1854_01.jpg

まず、苦玉を水の中で、潰します。

包丁の刃先で刺すといいです。

水の中で潰すのは、衣服に付いたり、最悪だと目に入る危険性があります。

目に入りますと、とんでもない痛みに襲われますので、水の中で行ってください。

串に刺して両面を焼きます。

鍋に蒲焼きのタレを入れて煮絡めます。

蒲焼きのタレの作り方ですが、↓を参考にして下さい。

【関連記事:蒲焼きタレ レシピ

焼き網、鍋はよく洗って油気を取り除いたものを使います。

そうしないと、鰻の肝に味が含まれていきません。

甘辛にちょっとほろ苦さがあって、左党には、たまらないおつまみです。

辛口の燗酒に合うでしょうね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。