アコウの皮の湯引き 土佐酢ジュレ添え

アコウ・・・とっても美味しい魚です。
ただし、結構高価な魚ですので出来れば、すべてを味わいたい。

お刺身にした後の、皮もいい酒の肴になります。

皮を引いた後の皮は、まな板に広げ包丁で残っている鱗をこそげ落とします。

食べやすい細さに切り、沸騰したお湯で、サッと茹でて、冷水に取ります。

DSC_0139.JPG

今回、刻み葱に、土佐酢ジュレを添えてみました。

ちょっとしたおもてなしにもいいでしょ。

【関連記事:土佐酢ジュレ 作り方 レシピ

アコウの皮はコリコリし食感で美味しいですが、他の魚でも可能です。

魚種によって、食感、旨みは変わってきますが、背の青い魚以外なら、イケルのではないでしょうか?

ぜひ試してみて下さい。

トビウオ なめろう

鮮度のいいトビウオが入荷しました。

刺身にしても美味しいのですが、今回は、酒の肴っぽく、「なめろう」にしてみます。

トビウオを三枚に下ろします。

【関連記事:トビウオ おろし方 さばき方(三枚おろし)】
DSC_0069.JPG

細かく切って、叩いていきます。
DSC_0070.JPG

味噌、葱、大葉、生姜を加え、さらに叩いていきます。
DSC_0071.JPG

ねっとりとトビウオの甘みのある身に、薬味が絶妙です。

合うお酒は、キリっとした焼酎のロックがいいかと思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。